ホワイトカラー・エグゼンプション

 

 

政府は、800万円以上の年収がある大企業の課長以上の社員に対して法定労働時間週40時間の上限を適用しないという特例を認めることを検討している。

 

 

これはどういうことかというと、雇用する側とされる側の間で合意した成果を達成することをを条件に、労働時間を自由に決めらるようになる。

 

 

そして、時間外に労働をしても、残業代が支払われなくなる。休日、深夜の労働についても割増が無くなる。

 

 

この特例が認めらるとなれば、政府自体が残業代を支払わなくて良いと認めたようなものではないだろうか。

 

 

最近、社会問題になっていうる「ブラック企業」という言葉が話題になっているのは記憶に新しい。 大企業でもブラック企業と言われている企業があるだろう。

 

 

この特例を悪用し、長時間の勤務を課す企業が増えないよう願いたい。

当サイトで提供している年収ランキングは各企業が提出する有価証券報告書の「平均年収」をベースにしています。各企業によって「平均年齢」にはバラつきがありますのでご留意下さい。また企業によっては持株会社、ホールディングカンパニーの形態で上場をしている企業がありますので公表されている従業員数等をご確認下さい。

当コンテンツの 企業データ、平均年収、平均年齢等の情報は 金融庁EDINETを経由して一般に公表している有価証券報告書をベースに算出しています。情報については精査を行い掲載しておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について何ら責任を負うものではありませんのでご了承下さい。重要な判断を伴う収集に関しては、統計元、又は直接企業へのご確認をお願いします。

admin