医療業界年収平均

医療業界年収平均-この職業の年収はいくら?気になる年収をチェック!-


自分の職と違う分野だと年収の想像もつかないだろう。
今回は生活に密着した医療と福祉の現場の平均年収を上位からランキングした。


1位
医師(開業医)2,530万円ほど。(「東洋経済オンライン」より)
必要経費や莫大な開業資金が必要になる。
たとえ休日であってもコールがあれば24時間対応しなくてはならなくなることもある。


2位
医師(勤務医)1479万円 。(「東洋経済オンライン」より)
月収にすれば約123万といったところ。

3位
救急救命士 約700万円。(「職業ガイド」より)
救急救命士はほぼ全ての人が消防士(公務員)。


4位
歯科医師679万円。(「日本歯科新聞」より)
年収は医師の中ではぐっと下がる。
その原因としては全国にある歯科診療所がコンビニの
店舗数約4万店よりも多くなっていることが原因と考えられる。


5位
納棺師500~600万円。 (大手の葬儀関連会社の場合)(「職業ガイド」より)
「おくりびと」として有名。


6位
助産師約530万円。(「職業ガイド」より) 


7位
看護師470万円。(「職業ガイド」より)


8位
作業療法士400万円程度。 (「職業ガイド」より)


9位 
歯科技工士約380万円。(「職業ガイド」より) 


10位
歯科衛生士約340万円。(「職業ガイド」より)

当サイトで提供している年収ランキングは各企業が提出する有価証券報告書の「平均年収」をベースにしています。各企業によって「平均年齢」にはバラつきがありますのでご留意下さい。また企業によっては持株会社、ホールディングカンパニーの形態で上場をしている企業がありますので公表されている従業員数等をご確認下さい。

当コンテンツの 企業データ、平均年収、平均年齢等の情報は 金融庁EDINETを経由して一般に公表している有価証券報告書をベースに算出しています。情報については精査を行い掲載しておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について何ら責任を負うものではありませんのでご了承下さい。重要な判断を伴う収集に関しては、統計元、又は直接企業へのご確認をお願いします。

admin